TOP > 製品をさがす > タイプH

タイプH

添付文書はコチラ

タイプH:症状とメカニズム

なんとなく、のどがモヤモヤ、モコモコしたり。

※のどに梅干の種がひっかかったような感じがして、飲み込むことも吐き出すこともできない状態のことを、「梅核気」と言います。

  • 「ふきだし」篇 TV放映バージョン
  • もっと詳しく知りたい方へ「ふきだし」篇 メカニズム解説バージョン

漢方のチカラ

タイプHに使われている「半夏厚朴湯」とは、こんな漢方です。

「半夏厚朴湯」は、ストレスなどによって起こる気の滞りを改善する漢方の代表選手。気が滞って、つかえ感とか違和感があるのどを、気のめぐりをよくすることで、スーッとやわらげます。不安になったり、気分が落ち込んだりした時にもおすすめです。

なるほどコラム

「ストレスなんて関係ない」と思っているアナタ、本当に大丈夫?

「自分はストレスとは関係ない」と思っている人ほど、ストレスを抱えたまま頑張り続けてしまいがち。 体に不調が出てきたかも?と思っても、検査値には異常なし。 「疲れてるせいかな?」で片付けて、ストレスのせいだと気づかないまま…ということも。 自分はストレスに強いと思っている方。それは、ただの思いこみかも知れません。

お店をさがす

理由がわからないのどのつかえ感には。ストレージタイプH この製品のよくある質問を見る

  • ストレージタイプH
  • ストレージタイプI
  • ストレージタイプG
  • ストレージタイプSK
  • ストレージタイプSA
  • ストレージタイプZK
  • ストレージタイプZM

pagetop

【ストレージタイプH】体力中等度をめやすとして気分がふさいで、咽喉・食堂部に異物感がある方 のどのつかえ感、神経性胃炎

武田薬品工業株式会社

© 2009 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る