TOP > よくあるご質問 > タイプGについて

よくあるご質問

各製品の特徴や服用方法など、よくあるご質問と、その回答をご紹介します。

タイプGについて

緊張や不安。。。下痢には。ストレージタイプG 製品詳細を見る

Qどのような商品ですか。
A 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)という漢方処方の製品です。
ストレスなどで胃の調子が悪い、下痢・軟便などといった症状に優れた効果を表す漢方処方です。
Qどのような方にお勧めですか。
A 体力中等度でみぞおちがつかえた感じのある方や不安や緊張を感じやすい神経症の方にも適しています。
但し、体力虚弱の方には向きませんので、そのような方は薬剤師にご相談ください。
Q苦味はありますか。
A わずかに甘くて辛い味がします。
Q効能にある「みぞおちのつかえ」はどのような状態ですか。
A みぞおちのあたりが持ち上げられている状態をいいます。
●「みぞおちのつかえ」を知る方法
横になり膝を曲げた状態でみぞおちからおへそにかけて硬いものがある場合は「みぞおちのつかえ」がある状態と言われています。
Q効能にある「神経症」とはどのような症状ですか。
A 主に心理的原因によって生じる心身の機能障害(不安、不眠、肩こり、頭痛など)をまとめて「神経症」と言います。
Q妊婦でも服用できますか。
A 妊娠中の方はお困りの症状について主治医にご相談し、薬の服用については主治医の指示に従ってください。
QストレージタイプGでとくに服用に注意した方がよい人がいますか?
A 高齢者(65歳以上)、今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人、むくみのある人、高血圧・心臓病・腎臓病の診断を受けた人は、服用前に医師または薬剤師にご相談ください。
  • ●ストレージタイプG の配合成分である甘草の成分のグリチルリチン酸は、長期大量の服用により偽アルドステロン症(高血圧、むくみ、カリウム喪失などの症状)を引き起こすといわれています。症状として足の脱力感、むくみ、高血圧、低カリウム血症などが出るといわれています。加齢により一般的に排泄機能等が衰えている高齢者、むくみのある人、高血圧・心臓病・腎臓病のある人は、特に注意する必要があるためこの記載をしています。
Q長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談することとありますが、長期とはどの位ですか。
A 急性胃腸炎、二日酔、げっぷ、胸やけ以外の症状:
1ヶ月を超えて連用される場合は、重篤な疾患が隠れている可能性もござますので一度医師または薬剤師にご相談ください。

緊張や不安。。。下痢には。ストレージタイプG 製品詳細を見る

pagetop


武田薬品工業株式会社

© 2009 Takeda Pharmaceutical Company Limited.

ページの先頭に戻る